FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ちの役者は役者として、私は映像制作として参加している戯曲寺山修司論。昨日、三沢公演が終了しました。
ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

私にとって中身の濃い数日間。
濃すぎたので報告したいことをシンプルに、箇条書きに。

1.渡部総子はいい歳の取り方をしている。
2.弘劇のイオリちゃんの白目の色は不思議である。
3.どうやら私は泣き上戸のようだ。
4.初日の拍手ってば。
5.調整室には神がいる。

この作品は絶対見ないといけません。
スポンサーサイト

2006.09.25 | 劇団INTELVISTA | トラックバック(1) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://switches.blog34.fc2.com/tb.php/17-b0427da9

about。。寺山修司監督
寺山修司寺山 修司(てらやま しゅうじ、1935年(昭和10年)12月10日 - 1983年(昭和58年)5月4日)は日本の劇作家、詩人、作家、映画監督、競馬評論家など幅広い分野で活躍した。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipe

2007.03.20 13:05 | お待たせ!映画ファン「映画監督・評論家編」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。